for company企業様向け

for Company

機密書類の処分・引取

オフィス等から出る機密書類を最適な方法でリサイクル致します。
機密文書の処理には2種類あり、少量の場合はシュレッダー処理、大量の場合は溶解処理をおすすめ致します。
どちらでもお選びください。(ご相談・お見積りは無料です!)
どちらもご希望があれば、古紙再資源化証明書を発行致しております。

機密書類の処理方法

オフィス用シュレッダー機に比べ、機密文書の廃棄に手間がかかりません。
ホッチキス、クリップ、閉じ紐ごと大丈夫、
面倒な作業は専門スタッフにすべてお任せください。

一般的に機密文書の処理では、回収された機密情報書類が複数の企業にまたがりやり取りされます。
関係会社が増えるほど、機密情報の扱いが煩雑になり情報漏えいのリスクや手間が増大します。
具体的に、「委託先監督先が複数社となり管理手間が増える」「責任の所在が不明確となる」「管理が行き届かなくなる」などのリスクが増大します。 当社では、機密処理工程までワンストップで行っておりますので、安心してご利用ください。

シュレッダー処理

シュレッダー処理

少量の機密書類も当社へご依頼ください。
また、お持ち込みいただくお客様には大型シュレッダーもお貸致します。
処理能力は1時間あたり約400kg(とじひも・金具が外してあるもの)を大手銀行準拠の細断幅10.5mmで細断することができます。

コスト比較
ご自分でシュレッダーされる場合 15円/kg
関西紙料にシュレッダーを依頼する場合 30円/kg

※引き取り運賃は別途相談させて頂きます。

溶解処理

溶解処理

溶解処理とは、パルパーと呼ばれる大型ミキサーのような機械に、段ボール箱に梱包された機密書類を未開封のまま投入し水と機械の撹拌力にてバラバラの繊維になるまでほぐす方法です。視覚的には紙が溶けてしまうように見えますが、「ほぐす」という表現の方が当てはまります。機密書類は紙の姿ではなくなり、紙媒体情報の内容は判読不能かつ復元不能な状態となります。

コスト比較
500kg未満 一律 8,000円
500kg以上 15円/kg加算

※引き取り運賃は別途相談させて頂きます。回収方法等によっては、お引き受けできない場合があります。

機密書類の処理方法

お持ち込みの流れ

  • STEP.1お持ち込み

  • STEP.2計量

  • STEP.3精算

お引き取りの流れ

  • STEP.1お問合わせ

  • STEP.2現物確認

  • STEP.3お見積・ご契約

  • STEP.4お引き取り

  • STEP.5精算